• facebook
  • ENGLISH
  • ニュース?イベント

    受賞

    學生のGUPTAさんとPATNAIKさんが第70回高分子學會年次大會において優秀ポスター賞を受賞

     學生のGUPTA, Agmanさん(博士後期課程3年、物質化學領域松見研究室)とPATNAIK, Kottisa Sumalaさん(博士前期課程1年、物質化學領域、松見研究室)が第70回高分子學會年次大會において優秀ポスター賞を受賞しました。

     高分子學會は、高分子科學と技術及びこれらに関連する諸分野の情報を交換?吸収する、さまざまな場を提供しています。會員はこれらの場を通じ、學術的向上や研究の新展開のみならず會員相互の人間的な觸れ合いや國際的な交流を深めています。
     優秀ポスター賞は、高分子學會年次大會において、優れたポスター発表を行った発表者に授與されるもので、もって発表を奨勵し、高分子科學ならびに同會の発展に資することを目的としています。
     第70回高分子學會年次大會は、5月26日~28日にかけてオンラインで開催されました。

    ■受賞年月日
     令和3年5月28日

    【GUPTA, Agmanさん】
    ■発表題目
    リチウムイオン二次電池のシリコン系アノードを安定化する架橋型BIAN系共役系高分子
    Crosslinked BIAN Polymer Matrices to Stabilize Silicon Anode in Lithium Ion Secondary Batteries

    ■研究者、著者
    Agman Gupta, Rajashekar Badam, and Noriyoshi Matsumi

    ■受賞対象となった研究の內容
     従來型のグラファイトの約10倍の理論放電容量を有しているシリコンは次世代リチウムイオン二次電池用の負極として多大な注目を集めており、活発な研究が展開されている。一方、充放電におけるシリコン粒子の大幅な體積膨張?収縮により粒子の破壊や表面被膜の破壊、集電體からの剝離が問題となり、実用に適した系の創出には至っていない。本研究ではBIAN型共役系高分子を1,6-ジブロモヘキサンとの四級化反応により架橋した高分子材料を負極バインダーとして検討した。その結果、1000サイクル以上にわたって約2500 mAhg-1(Si)の放電容量を維持し、卓越した特性を発現した。

    ■受賞にあたって一言
    I am full of gratitude towards my Prof. Noriyoshi Matsumi for providing me with his immense support, encouragement, and guidance throughout my studies. Also, I am thankful to Senior lecturer Dr. Rajashekar Badam for his motivation and worthy insights that always encouraged me to work hard. I would like to thank MEXT and JST-Mirai (Grant Number: JP18077239) for providing financial support. I am thankful to all JAIST staff (teaching and non-teaching) for providing a healthy scientific environment with good facilities so that students like me can comfortably conduct quality research work. I am deeply motivated from within to pursue my passion for science and contribute to society by using my scientific endeavors for public benefit. In this regard, I have been studying and conducting research that is aimed towards developing Li-ion batteries with high energy density for future applications in portable electronic devices, electric vehicles (EVs), hybrid electric vehicles (HEVs), etc.

    award20210705-1.jpg
    award20210705-2.jpg



    【PATNAIK, Kottisa Sumalaさん】
    ■発表題目
    高速充放電能と長期耐久性を併せ持つバイオベース型リチウムイオン二次電池負極活物質
    Bio-derived Lithium-ion Battery Anode Material for Fast Charging and Long-cycle Life

    ■研究者、著者
    Kottisa Sumala Patnaik, Yueying Peng, Rajashekar Badam, Tatsuo Kaneko, and Noriyoshi Matsumi

    ■受賞対象となった研究の內容
     今日、リチウムイオン二次電池研究において急速充放電技術の開発は最も重要な側面の一つとなっています。ガソリンスタンドでの數分の停車で給油可能なガソリン車と比較して、EV車の充電に要する長い充電時間は消費者心理に多大に影響し、技術の広範な普及への足かせとなっています。本研究では耐熱性のバイオベースポリマーであるポリベンズイミダゾールを焼成することにより得られた高濃度窒素ドープハードカーボンをリチウムイオン二次電池の負極活物質として用いることにより9分間での充電と1000サイクル以上のサイクル耐久性を同時に実現できることが見出されました。見出された知見を活かしつつさらなる系の発展が期待されます。

    ■受賞にあたって一言
    At the outset, I want to express my heartfelt gratitude to Prof. Noriyoshi Matsumi for his invaluable guidance in my research work. I thank Prof. Tatsuo Kaneko for opportunity of collaboration under SIP project. I also want to thank Senior lecturer Dr. Rajashekar Badam for incessantly providing me with his suggestions at every step of my research work. I believe research has been very interesting for me especially because of extremely supportive lab mates. I am very grateful to every member of Matsumi Lab for helping me in many small and big ways to carry out my research work smoothly. Lithium ion batteries have brought a lot of convenience and comfort into our everyday life. Any research in this field adds a significant impact at large. I believe lithium-ion batteries have the potential to impact human life at even greater scale than they currently do. Fast charging batteries with long cycle life is one of the fields in maximum demand owing to their applicability in electric vehicles. The prospect of using a vehicle not powered by fossil fuel but delivering equivalent capability to a fossil fuel powered vehicle inspired me to carry out my research in this field of 'Fast Charging Lithium-ion Batteries". I intend to dedicate my future research endeavors in this field.

    award20210705-3.jpg
    award20210705-4.jpg

    令和3年7月6日

    PAGETOP
    草蜢社区在线观看免费下载